ラジオで流れたおすすめ曲晒す1月 カラスは真っ白,オンオク,NICS…

ラジオで流れたおすすめ曲晒す1月 カラスは真っ白,オンオク,NICS…

先月で一旦終わりを告げた神曲オリコンですが、更新の目処がついたためタイトルを変えて今月からもしばらく続けていこうと思います。

そんな訳で、有線ラジオや街頭で気になった今月のおすすめ10曲をまとめて、YOUTUBEのPV動画と一緒にランキング形式でご紹介。

 

1. HIMITSU スパーク – カラスは真っ白

最近一番気になった札幌出身のファンクポップバンド。。パスピエ、やくしまる好きな人とかにはかなりヒットするのではないだろうか。より電波っぽい要素が多く、MVもかなりポップ。

曲ごとにコンセプトを文章にまとめていたり、バンドとしては珍しくMVに合わせて楽曲を修正したりしているらしい。今度別記事で特集したいと思う。

 

2. Gravity – Nothing’s Carved In Stone

さいきんどんどん格好良さが増している。ひなっちが在籍するバンドの中では一番好き。相変わらずサビ以外、意味の分からんシンセっぽい音出してますね。

 

3. Flowerwall – 米津玄師

ニコニコ動画(ハチ)時代からマルチクリエイターとしての才能を発揮していた米津玄師ですが、最近では音楽はもちろんイラストなど各分野の物がさらに洗練されています。作品中には独特の空気があり、なにをとっても彼らしさがあふれている。

 

4. Let Me Hear – Fear, and Loathing in Las Vegas

最近ではSiM人気の方が高いみたいだけど、ナッシングスと同じく最近はより格好良さが増していると思う。何よりも1:40みたいな切り替わりパターンが好き。

寄生獣は結局アニメも映画も見てないんだけど、寄生獣原作と同じ作者のヒストリエ(現在連載中)もオススメだよ。

 

5. オールド台湾 – The SALOVERS

名前は知りながらも聴いたことのなかったThe SALOVERS(ザ サラバーズ)。勢いが素晴らしいですね。タイワーン!しかし、残念ながら2015年3月25日をもって無期限活動休止に入ることが決定している。

 

6. Cry out – ONE OK ROCK

ワンオク新作。最近は完全に海外を意識した曲とPVですね。もともとか。ずば抜けて良い曲とは言えないけど、人気アーティストがこういった流れを作ってくれるのは大歓迎なので紹介。すっきり聞こえるのはいいけど、音が少し軽く聞こえますね。

 

7. いつかの果て – TRUSTRICK

普通に聞いて欲しかったけど、ショートバージョンしかなかったのでこちらで。アナと雪の女王のアナ役でお馴染み神田沙也加とギターのBillyの二人組ユニット。ゴシップニュースで見かけたけど、母親の松田聖子とは仲が悪いとの噂はどうなのだろうか。

 

8. 虎視眈々と淡々と – 黒木渚

デビューから1年半。相変わらずいい歌を出してくれてます。いつも歌詞が特徴的でリズムと合わさった感じが好きです。虎視眈々と淡々とは小説企画が連動しており、後ほど発表される予定とのこと。また公式WEBサイトではインタビューも掲載されている。

 

9. I Stand Alone(feat. Common & Patrick Stump) – Robert Glasper Experiment

若干、今更感はあるが最近改めて好きになった。ロバート・グラスパーはアメリカのピアニスト・作編曲家。ロバート・グラスパー・エクスペリメントは4人組。コモンはヒップホップシーンで活躍している。グラミー賞を受賞したブラック・レディオの続編、『ブラック・レディオ2』は同曲の他にもノラ・ジョーンズ、スヌープ・ドッグ、フォールアウトボーイのパトリック。スタンプなど様々なR&B、ヒップホップアーティストとコラボしている。

 

10. YOU – GOLD PANDA

イギリス・ロンドン出身のエレクトロ・ミュージシャン・プロデューサー。また、ブロック・パーティなどのリミックスも手がけている。インタビューを見てみると、怠惰で気さくな一面も見られムカツクーのとこでは笑ってしまった。さらにアニメや椎名林檎も好きらしい。

購読はTwitter(@eat_tw)やFacebookをフォローすると便利です。